アルファベット検索
A ~ Z
五十音順検索

M&A 用語集一覧

スコーチド・アース・ディフェンス(Scorched Earth Defense):焦土作戦

スコーチド・アース・ディフェンスとは、TOBに対抗する策のひとつで、買収対象となった企業が、みずから子会社や資産を売却したり、あえて多額の負債を負ったりすることで企業価値を下げ、買収側の意欲をそぐという戦略。

焦土作戦とも呼ばれている。戦争で敵に武器や弾薬を使わせないために自軍の武器や施設を焼き払いながら逃げたことに由来している。

ただし、この手法は株主の価値を毀損しかねないため、取締役の忠実義務違反となる可能性がある。わが国においては米国のようなドラスティックな例はない。