アルファベット検索
A ~ Z
五十音順検索

M&A 用語集一覧

第三者割当増資

第三者割当増資とは、特定の相手先に新株を割り当て増資すること。相手先には、買収対象企業と友好的な企業や安定株主が選択される。第三者割当増資をすると、買収対象企業の株式総数が増加するため、買収企業は買収資金額を上積みしなければならなくなる。

また、買収企業が株式の過半数取得に向けて買い進めたくても、友好的な企業と安定株主が大量に株式を握っているため、事実上、買付けが難しくなる。

通常の公募増資とは異なり、特定の第三者に新株引受権を付与して新株を引き受けさせるため、市場の取引価格と比べると安く購入できることが多い。

M&Aにおいて第三者割当を行う場合は買収会社や資本参加をしようとする会社を第三者として割り当てるということになる。定款に定める授権株式数の枠による制限はあるが、M&Aの手段としてこの方法を利用すると、短期間に経営支配権の移動が可能となる。ただし、資本参加の場合は100%株式取得には至らないので、100%支配するためには発行済株式を既存株主から取得する必要がある。