アルファベット検索
A ~ Z
五十音順検索

M&A 用語集一覧

DCF(discounted cash flow)法

DCF法とは、「割引キャッシュフロー」「割引現金収支法」などといわれるもの。企業が将来生み出すキャッシュ・フローを、当該企業のリスクを反映した割引率で、現在価値に割り引いて価値を算定する方法。
M&Aにおける買収ターゲットの選定や、合併の際の合併比率を算定する際の目安としても利用されている。

DCF法による評価では、将来の経済的利益を評価額に織り込むことが可能である。
WACC(Weighted Average Cost of Capital:加重平均資本コスト)、CAPM(Capital Asset Pricing Model:資本資産価格モデル)など、比較的新しい理論に基づいている。