アルファベット検索
A ~ Z
五十音順検索

M&A 用語集一覧

Qレシオ(Q-ratio)

トービンのQとは、米国の経済学者であるジェームス・トービンが提唱した投資理論で、トービンのQレシオとも言う。企業買収の有利性を判定する比率で、買収対象会社の株式の市場価格とその会社の保有する純資産を再調達価額に基づく時価に洗い替えたものの割合をいう。
株価を1株当たり実質純資産で割って求める。企業の純資産を時価評価して、株価が1株当たり実質純資産(時価評価)の何倍まで買われているかを表す。株価の割安・割高といった判断の他、企業買収の有効性を判断する指標となる。

トービンは、投資と株式市場との関係に注目した。Qとは、企業の時価総額と実物資産価値との比率を示す。つまり、トービンはこの比率Qによって投資を行うかどうかを判断すべきであると考えたのである。実物資産価値とは、企業が現時点で保有している機械や設備などを示す。