HOME > よくある質問

M&A よくある質問

A1:おおよその目安ですが、あなたの会社の「営業利益の5倍から10倍」という計算方法や、「会社の純資産+資産の含み益の50%~100%+営業利益の2~3年分」という計算方法もあります。 (さらに…)
A2:その基本は、(1)あなたの会社の業績を良くすること、(2)M&Aによって業績が良くなる相手先を探すこと、(3)節税効果を忘れないこと、(4)営業権を忘れないこと、です。 (さらに…)
A3:ぜひご相談下さい。例えば、親族に会社を譲渡するのか、第三者に譲渡する(M&Aする)かでは、株価を「上げる」か「下げる」か正反対の対策が必要ですが、株価対策は1~2年の短期間では難しいものです。準備期間を要する場合もありますので、ご相談は早ければ早いほうが良いと考えられます。 (さらに…)
A4:M&Aを失敗に終わらせないために、助言役として、経験豊富なノウハウのあるアドバイザーが不可欠です。 (さらに…)
A5:あなたの会社の規模が小さいと、東京のM&Aの仲介業者の場合、優先順位は低くなることがあります。当社は地域の中小中堅企業のM&Aを中心としていますので、規模が小さい場合でもきめ細かな対応が可能です。 (さらに…)
A7:営業権の認識しだいで、会社の売買価額が何倍にも異なることがあるからです。 (さらに…)
A8:営業権の算定方法には、直接法と間接法がありますが、M&A実務においては、間接法を駆使することで、売り手に有利な価格交渉が可能となります。 (さらに…)
A9:ご相談は無料です。当社は、着手金等はいただいておらず、M&A成功時に、成功報酬をいただきます。 (さらに…)
A10:債務超過会社や実質債務超過会社でも売却可能なことはあります。 (さらに…)
A11:通常のM&Aでは、連帯保証と担保の差し入れは、早い時期に金融機関と交渉して買い手企業に肩代わりしていただく事になります。 (さらに…)
A13:M&A失敗の原因は、シナジー効果の算定が困難であること、シナジー効果の発揮を妨げる要因が多いことがあります。しかし、2007年の会社法の改正により、M&Aの失敗を回避する方法も可能となっています。 (さらに…)
A14:上場企業との、株式交換の仕組みを使った経営統合型のM&Aの手法があります。 (さらに…)