HOME > よくある質問 > Q11:会社の借入金に対して連帯保証しています。会社株式を譲渡した後の個人保証はどうなるのでしょうか。

Q11:会社の借入金に対して連帯保証しています。会社株式を譲渡した後の個人保証はどうなるのでしょうか。

A11:通常のM&Aでは、連帯保証と担保の差し入れは、早い時期に金融機関と交渉して買い手企業に肩代わりしていただく事になります。

M&Aは株式を譲渡し、代表権(経営権)を譲ってしまう事です。従って、連帯保証や担保の提供がそのままの状態だときわめて危険な事になります。連帯保証と担保の差し入れは、早い時期に金融機関と交渉して買い手企業に肩代わりしていただく事になります。一般的には、最終契約書の締結時に行います。ただし、「株式の一部を譲渡する場合」、「スポンサーとして大手企業に株を持ってもらって自社を上場する場合」、「引継ぎが極めて難しい業界で前経営者の全面的な支援が必要な場合」などは話し合いにより、連帯保証をはずさないケースもあります。